クリスマス料理について

クリスマス料理について

ステーキ

 クリスマスのときクリスチャンの家庭では、各家庭の伝統料理があるだろう。

 だろうというのには、その辺りのことは実際はよく知らない。

 外国暮らしの経験がないし、外国通てもない。

 まあ、日本の正月になれば、各家庭のおせち料理が、それぞれの味があるように、外国のクリスマスの料理にも各家庭の持つ料理の特徴があろうかと容易に想像できるからである。

 英国の料理は、さほどに世界から好評を受けていないようだ。

 好評というより、はっきり言って英国の家庭料理の評判は他の国に比べて悪いようだ。

クリスマスケーキとプレゼント

 しかし、英国には素晴らしいイングリッシュ・ガーデンがあり英国の紳士といえばすぐれたマナ―を想像する、ジェントルマンだ。

 評判がよくないといわれている英国のクリスマス料理を一度は食べてみたくなってくる。

 イタリヤ料理やフランス料理に比べるとセンス度が劣るかもしれないが、こういう英国が好きになるから不思議といえる。

 クリスマスの料理に関心があるように、クリスマスのお菓子やケーキにも国柄によって変わっているのかもしれないが、じっくりとどんなものか調べてみたくなる。

 

 クリスマスになれば各家庭では、クリスマス料理が作られ、家族がテーブルを囲んでは楽しむ。

七面鳥

 こういうシーンは主には欧米の、クリスチャン家庭では伝統的な風習のひとつになっている。

 アメリカでは、よく出されるのは七面鳥だが結構、高価らしい。

 自分は七面鳥を食べたことはないし、食べてみようと積極的に思ったことはないので、七面鳥の味はどんなんか、価格のこともよく知らないが、その値段は安くないと人から聞いたことがある 。

 クリスマスの料理のひとつとしてアメリカの家庭の伝統的料理として七面鳥が出るのには、アメリカの開拓の歴史にたいへん関係があるようだ。

 困難な開拓時代に、アメリカ大陸の荒れ地には七面鳥があちこちに生息し簡単に捕まえられた。

 その当時の蛋白源で貴重な食料だったので現在にも引き継がれてきた。

 こういう事情があってアメリカのクリスマスの家庭料理に登場しているのだ。

 一方、日本ではそういう歴史がないし七面鳥も生息してないので高価であるのは当たり前で、庶民の口にのぼらなかったようだ。

 

仲間で楽しむクリスマスパーティ

 

HOME   TOP


ホーム RSS購読 サイトマップ